« 環境保護と軍の共存共栄?!APA‐Jフラッシュ No.138より | Main | 田ノ浦ファースト・コンタクト »

大統領に手紙を出そうって、ピーターさんが

 米国でのジュゴン訴訟の原告団体としてCenter for Biological Diversity(略称CBD:日本語訳:生物多様性センター)が加わっています。そこの中心人物であるピーター・ガルビンさんは、2003年3月の初来沖以来、たびたび来沖し、ジュゴンやサンゴだけでなく、ヤンバルクイナなどを米国で絶滅危惧種に指定させる運動に取り組んでいます。
 2004年7月に、沖縄で開かれた国際サンゴ礁学会でも複数のメンバーで来沖してロビー活動を行い、「辺野古を守れ」の署名を集め、奇麗事を並べた大会宣言(案)に修正案を出し、・埋め立てなどの経済活動でサンゴを衰退に追いやった、・今後、人間の活動でサンゴを衰退に追いやることはやめようとの具体的な文言を入れさせるロビー活動を行い、修正に成功しました。

このたび、辺野古の基地建設をやめるよう、オバマ大統領に手紙を出そうという呼びかけを始めています。



Please forward this action alert widely. We are seeking to deliver 100,000 letters to President Obama immediately.

Thanks,
Peter Galvin


Take Action for the Cetner for Biological Divesityのページに入ると、下の方に、スクロールバーのついた四角い記入ボックスが出てきます。このままでもよいし、ちょっとでも英語OKなら、冒頭に加筆するとか、すっかり書きなおすとか、自由に使ってみましょう。次にその下のほうに出てくる氏名や住所などの記入項目を書き込んで、Send Your Messageボタンをクリックすると、オバマ大統領にメールが送れちゃう!ナイスな仕掛けです。ピーターさんありがとー☆