« ヘリパッドいらない!高江座り込み弾圧訴訟、始まります | Main | 本日うるま市、明日は朝からシュワブor県庁前、そのあと浦添と古島と泊港 »

外国人の排除を、沖縄社会から考える

 高校無償化から朝鮮高級学校を排除するこの間の話に愕然としています。どうしようもない奴らがのさばっております。
 なお管見の限り、この問題についてタイムスでは出ましたが、新報はまだ社説を出していないのではないでしょうか? さらに、「外国人」の地方参政権問題について、沖縄のメディアが1968年の立法院での選挙法改正にふれないのはいかがなものでしょうか?この年の7月に、選挙権・被選挙権が「琉球人」から「日本国民」に改正され、奄美籍や「本土」籍の「非琉球人」は選挙権を得ました。一方、台湾籍者などの人々は選挙権から排除されました。これは「復帰」後も継続します。現在の参政権の問題にかかわって朝鮮籍者排除と通じる要素があり、ぜひ沖縄社会から考える視点があると思います。
(やんばるマングース談)