« ヤマ、フツーの仕事 | Main | 抗議と支援の栄養会とハンスト会 »

「原発よりも命の海を!中電前72時間ハンスト」熱く支持します

1975CTShungerstrike.jpeg
世界中の過去の先達たちに倣って、未来に想起されるべきオトナたちとして、原発にも「合意してない」私たちは沖縄から熱くハンスト支持します。
連帯、賛同の方法として、ここにある「一食スナメリ募金」、ご飯を一回我慢して祝島島民の会へ募金する、というのが提案されていました。

以下、転載します。


緊急アピール [原発よりも命の海を!中電前72時間ハンスト]
※ 転送よろしくお願いします。

ハチの干潟の岡田和樹です。
昨年9月から半年にわたり、山口県上関でカヤックに乗って地元の人たちと
「原発建設反対」の意思表示をしてきました。山口県や中国電力に対しても
申し入れをし、話し合いを求めましたが、聞き入れてもらえません。
そんな中、中国電力は強硬に作業を進めています。昨年の11月8日には
作業員から取り押さえられ暴行を受け、5日間も入院しました。
僕は原発を背負って生きたくはありません。現地の美しい自然や文化を受け継ぎたいです。
ただそれだけです。ささやかな願いです。
しかし、現在も中国電力は、権力と利権を使って強硬に工事を進めていこうとしています。

その中国電力に対して、僕に出来る最大限の意思表示として、
3月11日12:00から広島市・中国電力本社前で72時間の
ハンガーストライキを決意しました。
「原発よりも 命の海を!!」のスローガンのもと
上関原発建設に対して、Noをしめします。
広島の様々な人たちが協力をしてくださり、「ハンストをサポートする会」も
立ち上がりました。

予定としては、
11日12:00から中国電力へ申し入れ・ハンスト宣言文・アピール・座り込み開始
18:30キャンドルウォーク
12日・13日も18:30からキャンドルウォーク
14日12:00終了です。

72時間張り付いてのハンガーストライキですが、
のぞきたいかたも、座り込みを一緒に数時間でもしていただける方も
大歓迎です。たくさんの参加をお待ちしています。

なお、今後の計画や現地情報については
「ハンストをサポートする会」が作成する予定のブログにて
案内を出したいと思います。アドレスは以下の通りです。
明日以降に情報が掲載されます。
http://ameblo.jp/nonukes-hunst/

■□■□■□■ カンパよろしくお願いします。 ■□■□■□■

また、僕自身中電の暴行事件を告訴しており、さらに中電からは4800万円の損害賠償
を請求されており、2つの裁判があります。今後、各地をまわって現地の様子や不当な裁判について
訴えていきたいと考えています。しかし、交通費や通信費などの資金が不足しています。
必死に頑張りたいと思っています。
すみませんが、個人に対しての活動カンパ ご協力よろしくお願いします。  
   口座:3069271 広島銀行・三原西支店 名義:オカダカズキ

※カンパされた方は、お手数ですが、名前・連絡先をメールにてご連絡ください。

■□■□■□■ カンパよろしくお願いします。 ■□■□■□■


★☆★☆★☆★☆ 以下ハンスト宣言文(案)


僕は瀬戸内海沿岸で生まれ育ちました。
小さいころから美しい海辺があるのが当たり前でした。
その海辺が見る見るうちに失われているのを目の当たりにしてきました。
山口県の上関町で中国電力さんが建設を進めている原子力発電所は、奇跡的に残されてきた瀬戸内海最後の楽園を壊します。悠々と泳ぎまわるスナメリたちの行き場がなくなります。それだけではなく放射性物質や温暖化の原因である大量の熱廃水を常に流し、瀬戸内海全域・日本全域にまで影響を与えていくことでしょう。ましてや、原爆の放射能によって傷ついたヒロシマから、原爆と同じエネルギーによって生みだされる電力を作ることを促進する中国電力さんは、僕たち広島県民とは大きな溝を作ることです。原子力の平和利用はあり得ません。原子力と共存はできません。

そんな僕たちの声に中国電力さんは耳を傾けてくれません。
昨年9月から半年に渡り、僕は建設予定地の海上でシーカヤックに乗って、地元の人たちや全国から集まった同じ思いの若者たちと原発反対の意思表示をしてきました。申し入れや協議を拒否された僕たちに残された方法は、現地での直接行動しかありませんでした。しかし、中国電力はそこでも強硬に工事を推し進めようとしました。僕は昨年11月8日に中国電力の指示のもと動いている下請け業者らに、無理やり押さえ付けられて暴力をふるわれました。その後、地元の祝島の人たちに助けられ緊急搬送され、5日間も入院をしました。中国電力さんはそのことに対して謝罪もしていません。

僕は、自分の将来のため・次の世代のため・日本の民主主義のため、そして現地の人たち・命の海のためにも原発がないほうがよいと思います。すぐに工事を中止して、別の方法を僕たち市民や、中国電力の消費者と模索する道を作るべきです。僕は一人の人間として、72時間のハンガーストライキを決意しました。これが今できる僕の最大限の意思表示です。

どうか、全国のみなさんも上関原発に思いを巡らせて下さい。この行動にご理解とご協力をよろしくお願いします。

敬具

*******************************************
ハチの干潟調査隊 代表
市民ひがた交流会 干潟探検家
上関原発を考える広島20代の会 呼びかけ人

岡田 和樹 【OKADA kazuki】23歳

729-2251 広島県三原市幸崎町久和喜3045-1
( E-mail) earth_166@hotmail.com
(携帯) 080-3882-2372
(携帯) 080-5625-6959 (※通じにくい場合はこちらへ)
(携帯mail) namekujiuo@n.vodafone.ne.jp

(ハチの干潟調査隊)http://www.geocities.jp/pipipopo227/index.html
(市民ひがた交流会)http://higataow.blog.shinobi.jp/
(上関原発を考える広島20代の会)http://hiroshima20.jugem.jp/