« 20日高江のデモの報告 | Main | 未来新聞が届いた »

ナイトメア

沖縄の受難はまだまだ続きそうだと、報道に接するたびに暗澹たる気持ちになる。いったいいつの時代なのかと錯誤するような植民地官僚的言辞を乱発し島から出ていくようにと要求を突き付けられたような人物が、ワシントンで対日本政策の窓口となるのだそうだ。