« 12月の平和市民辺野古・高江カー | Main | 「カルピスを2倍に薄めて同じ値段で売るようなものだ」との発言が相次いだ、では新聞記事にならないのダ! »

琉大セクハラ訴訟、和解成立

『沖縄タイムス』(08年12月12日社会28面)
「教授側謝罪 和解が成立/琉大セクハラ訴訟」
 琉球大学の大学院で、指導教授から男女関係を強いられるセクハラ行為を受けていたとして、修了生の女性が教授と大学に計1千万円の慰謝料などを求めていた訴訟は11日、福岡高裁那覇支部(河邉義典裁判長)で和解が成立した。
 教授側が「女性とは交際していたという認識だったが、この訴訟を通じて、意に沿わない関係だったことを理解した」とした上で、「大学教授として不適切な行為だった」と謝罪。和解金として100万円を支払った。
 セクハラかどうかには言及しない形で、双方が和解条項に合意した。
 今年5月の一審・那覇地裁判決は、教授が女性の意志に反して行為を強要できるほど、強い支配関係にはなかったと判断。女性の意に反する関係だったとは認められないとして、教授と大学に対する女性の訴えを、いずれも全面的に退けていた。