« 不当判決に合意してない! | Main | 4月23日(水)〜5月6日『ゆんたく高江』展@高円寺 »

4月20日(日)ジュゴン訴訟シンポジウム

午後1時30分から午後4時30分
場所:那覇市松尾、八汐荘(098-867-1191)
主催:JELF、「自然の権利」基金、その他地元団体
資料代:500円

アース・ジャスティスからはサラ弁護士が来沖、桜井国俊沖縄大学学長や専門家による解説、討議など盛りだくさん。どしどしご参加下さい。

1月24日、サンフランシスコ連邦地方裁判所は、米国防総省に対して、ジュゴン保護の根拠を「環境影響評(アセスメント)文書」で90日以内に提出することを求めた。この沖縄ジュゴン「自然の権利」訴訟勝訴判決を受けて、辺野古基地建設阻止に向けて今後の運動の展開が議論される。今回の企画では日米のジュゴン保護政策を比較し、ジュゴン保護政策に国際水準(最先端の科学的知見)を持ち込ませるためにはいかなる行動が必要かとういうことを議論する予定だそうです。詳細はmaxi's blogでどうぞ。