« 2月辺野古・高江乗り合いカー情報 | Main | 沖ボーに合意してない&2月28日高江に集まろう »

匿名でリークされる無責任な発言

人権の砦利用 民主も継承 高江住民を国提訴/「法解釈は不変」淡々 表現活動か妨害か平行線『沖縄タイムス』2010年1月31日.

紛糾したらしい(説明会と呼べるようなシロモノではなかった)「住民説明会」の前日、タイムスに掲載されたコメンタリ記事。公務員が名前を明かにせず「関係者」「ある幹部」などの「匿名報道」を前提に無責任にリークする情報への信頼性について、同じひとつの記事のなかで、立場を明かにする弁護士や識者の見解によって検証する手法。様々な制限のあるなかで可能な批評性を追求した秀逸な内容だと読んだ。