« 1月の辺野古・高江乗り合いカー情報 | Main | 近くの選挙、遠くの災厄 »

知ること/知らせること=学習会と署名

This is not a story to pass on. ---Toni Morrison, Beloved
これは伝えられるような話ではない/これは忘れてはならない話。

 「国は提訴をすべきだ」と裁判所に申し立てることと、「国は提訴してはならない」と意見表明することは、表層的なテクストのレベルにとどまるかぎりにおいて矛盾を含んでいる。しかし、そもそも仮処分という手続きじたいが、正義と民主主義に照らして誤っている、脱線しているものであるのだ。権力によって民主主義が歪曲されるときに、民主的な主張を追求する態度のほうが蛇行し、跛行し、矛盾することは、これまでにも沖縄でしばしば経験されたことだろう。復帰を希求することと反復帰の思想を想起すればよい。
 すなわち、この矛盾した要求、ダブル・ミーニングこそが、高江のピープルの正しさを証し立てていると言える。

高江からお知らせが届きました。まずは知ること。知ったら、つぎの人に知らせること。


◆学習会のお知らせ
昨年12月11日座り込み活動をしている高江住民2名に対して、不当な仮処分決定がでました。私達はこの決定を不服とし、国が裁判を起こすつもりなのかを問うために起訴命令を申し立てました。裁判の手続きや意味内容は判りにくいことも多いので、弁護団の方に説明をお願いしました。この機会に今回の経緯と今後の展開について学習会を開き、みんなで認識を共有したいと思います。また、学習会の後は交流会もございます。皆様のご参加をお待ちしております。
日時:1月9日(土)18時30分開場 19時開始
会場:八汐荘大広間(那覇市松尾1-6-1 TEL 098-867-1191)
参加費:交流会に参加する方のみ1000円
主催 ヘリパッドいらない住民の会・ヘリパッドいらない弁護団
◆なはブロッコリーさんの呼びかけで、「起訴しないで」署名が始まりました。
署名用紙はここからダウンロードできます。プリントアウトしてご利用下さい。
◎第1次集約 2010年1月15日
◎第2次集約 2010年1月25日
集約先 沖縄県那覇市久茂地3−29−41
    久茂地マンション401
    なはブロッコリー宛