« SFSUでも「ゆくし!」 | Main | 裁判所の決定について »

虹のカヤック隊から

上関原発に抵抗する虹のカヤック隊からの「阻止行動への参加呼びかけと注意事項」がRadio Activeのblogに紹介されていました。とても重要なことが沢山書いてあります。阻止行動に駆けつける人、応援を考えている人、ぜひ熟読して下さい。また、多くの人に知らせて下さい。

【転載・転送歓迎】



◆◆阻止行動への参加呼びかけと注意事項について◆◆
             (虹のカヤック隊より)


photo_2-1.jpg

☆目次☆

1、【阻止行動への参加呼び掛け】 虹のカヤック隊・吉村健次
2、【田ノ浦訪問を検討されている方へのお願い】 虹のカヤック隊・原康司
3、【田ノ浦海岸までのアクセス】
4、【応援物資・カンパの窓口】
5、【祝島の宿泊施設】
6、【田ノ浦へ来られる方へ】英智郎(國本悦郎・平生町民)
【田ノ浦アクセスマップ】
※文末に田ノ浦の地図があります
※お問い合せはこちらへ・・・虹のカヤック隊(原)090-6843-9854


【阻止行動への参加呼び掛け】 虹のカヤック隊・吉村健次

ご存じの通り、阻止行動の場は田ノ浦へ移り、我々カヤック隊は祝島の皆さまに用意して頂いた、
祝島「虹の家」と田ノ浦の団結小屋に分かれて毎日7時ごろ海に出ています。

現場では強引な作業はなくなったのですが、引き続き、台船1隻と陸の作業員は様子をうかがっているので、
気が抜けない状況は続いています。

11月7日に負傷したカヤック隊のメンバーも回復し、元気になりました。

9月からの阻止行動を続けてきた田名埠頭に比べ、田ノ浦は交通の面からしても厳しく、
阻止行動の参加者が激減しています。

カヤックと漁船による監視・阻止行動だけではなく海岸の座り込みもしているので、
協力していただける方は是非田ノ浦にお越し頂ければと思います。

せめて週末だけでも朝から参加していただいたり、
もしくは前日に団結小屋(ログハウス/集いの場)に泊って頂いて、浜に出てもらえれば大変助かります。

私たちも家庭があり、2か月間ほとんど仕事をしていない状況が続けば生きていけないので、
いつまでもこの阻止行動を続けるわけにはいかなくなるでしょう。

上関原発に反対する人々が助け合い、「現地での行動は現地の人に任せる」ではなく、
「現地に行ける人は行って協力する」事が出来れば、今の阻止行動が長く続くでしょう。

皆さまそれぞれの役割がある事は承知の上、
少しでも長く、「現場工事を阻止出来ている」状況を続ける為の提案です。

以上、自分の事としてご検討頂ければ幸いです。  敬具

カヤック隊を代表して、吉村より 


【田ノ浦訪問を検討されている方へのお願い】 虹のカヤック隊・原康司


田ノ浦へ来られる方の交通手段や事情もいろいろあると思います。
それと現地も一日一日状況が変化しています。
一番確実なのは直接連絡して頂く事かと思います。
私の携帯は090-6843-9854なので来られる方がおられましたら連絡をください。
毎朝日の出前から動いていますので、夜遅くの訪問は控えてください。
現在、建設中の監視小屋の周囲にもテントを張っています。(小さいテントならあと2張くらいなら張れます。)
電気も水もありませんがテントが好きな方はご利用ください。
もちろん水や食料など各自で用意していただくことが基本です。
現地には水道がありません。雨水を利用し飲料水は持ち込んでいます。
もし手が空いている方がおられましたら来られる際にポリタンクに水を運んでいただけますと非常に助かります。日常的に水が不足しています。
炊事なども女性陣を中心に毎日自炊をしています。
料理が得意な方がおられましたら是非ご協力していただき炊事の負担を減らして頂ければと思います。
あと祝島へお越しの方は旅館・民宿などをご利用ください。
現在カヤック隊に提供して頂いている家は原則、田名から阻止行動を長期続けている隊員のために用意していた
だいています。
宿泊はできませんのでご了承ください。
以上よろしくお願いいたします。

 原 康司


【田ノ浦海岸までのアクセス】


初めて田ノ浦を訪ねる方は、受け入れ体制・現場の状況をご確認の上でお訪ねください。
現場の連絡先(★時~★時の間にご連絡ください)
虹のカヤック隊・原康司:090-6843-9854
田ノ浦団結小屋(ログハウス/集いの場):0820-65-0880

・車の場合・・・
JR「田布施」駅から車で60分
室津港から約30分
上関大橋からは、添付の地図に沿って、赤線のルートで行ってください。
途中分かりにくい所は、コメントを入れています。
※注意事項…四代手前の田ノ浦への分岐地点で警備員が立っていることがあります。
        「どこへ行くのか」と聞かれる場合がありますが「祝島の小屋へ行く」と行ってください。
        すんなりと通過できます。

・公共交通機関を利用の場合・・・
駅は近くにありません。
最寄りの港は「蒲井」か「四代」です。
それぞれの港から田ノ浦海岸までは、徒歩1時間~2時間ほどかかります。
定期船「いわい」:http://www.iwaishima.jp/home/info/time_table.pdf

上り時刻表             下り時刻表
1便 2便 3便 1便 2便 3便
祝 島 6:35 12:30 17:00 柳井港 - 9:30 15:30
四 代 6:50 12:45 17:15 室 津 6:00 10:00 16:00
蒲 井 7:00 12:55 17:25 上 関 - 10:05 16:05
上 関 7:10 13:05 17:40 蒲 井 - 10:15 16:15
室 津 7:15 13:10 17:40 四 代 - 10:25 16:25
柳井港 7:45 13:40 - 祝 島 6:28 10:40 16:40

運賃 祝島からの値段
四代 蒲井 上関 室津 柳井港
大人 530 650 900 900 1530
小人 270 330 450 450 770

タイミングによっては、それぞれの港から、田ノ浦に向かう車に同乗出来る場合もあります。
それも現場の状況次第ですが、このような相談についても、事前に(前日までに)連絡をいただけるとありがたいです。
(※詳しくは、以下【田ノ浦へ来る場合】をご参照ください)



【応援物資・カンパの窓口】


1、「虹のカヤック隊」カンパ口座
  東山口信用金庫 遠石(といし)支店 0207592 ピースウォークヤマグチ

2、「上関原発を建てさせない祝島島民の会」
  郵便振替01390-4-67782  祝島島民の会

3、「虹のカヤック隊」食料・防寒具・テントなどの物品カンパ窓口
 (※詳しくは、以下【田ノ浦へ来る場合】をご参照ください)

4、応援の布メッセージ受付
・布メッセージ送り先:
「上関原発を建てさせない祝島島民の会」
 742-1401
 山口県熊毛郡上関町大字祝島218

・布メッセージプロジェクト」問い合わせ先:
 RadioActive(冨田貴史)
 080-6947-2491
 takafumitomita1320@yahoo.co.jp(@を@に変えてください)

・「布メッセージ」参考記事:
http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-61a8.html


【祝島の宿泊施設】


はまや旅館 0820-66-2018 7室20名 港のすぐ前   

みさき旅館 0820-66-2001 5室20名 公民館のななめ向かい

民宿くにひろ 0820-66-2053 4名まで 善徳寺のすぐ前

※参考サイト:祝島ホームページ(宿泊コーナー)
http://iwaishima.jp/home/info/info.htm#yado
 (交通アクセスについても、同ページをご参照ください)



【田ノ浦へ来られる方へ】英智郎(國本悦郎・平生町民)


田ノ浦へ行くには、車の場合、
上関の室津までは室津半島の県道を通るので、お分かりになるのではないかと思います。
上関大橋からは、添付の地図に沿って、赤線のルートで行ってください。
途中分かりにくい所は、コメントを入れています。

電車で来られる場合、私と行く日と時間が重なれば、田布施駅や柳井駅に迎えに行き、団結小屋へ行ってもいいですよ。
田布施駅から車で1時間はゆうにかかります。
車には3名乗車できます。
携帯電話を持たない主義なので、夜に電話(0820-56-5540)かパソコンのEメールで連絡して下さい。

団結小屋にも泊まれます、寝泊まりできる寝具はありますが、自分の寝袋の方が寝やすい人はご持参下さい。
雨水を使っていますので、生水は飲めません。お茶や水は持って行ってください。
また、自分の食い扶持は自分でというのが基本ではないでしょうか。ですから弁当持参で。
宿泊する場合は、できれば団結小屋の管理費も少しばかり入れる方がいいかもしれません。

だんだんと寒さが増してきております。防寒具(ウインドブレーカー、帽子、耳あて、レッグウォーマー、・・・等)がないと寒さに震えるばかりです。
団結小屋から海岸へ降りる道は狭くて降りにくいです。
靴もそれなりのものを穿いて来てください。

田ノ浦の人達と話してて食料や日用品などが不足しているとのことでした。
現地へ持って行くか、現地に行けなくても何か出来たらと思ってた方がいたら支援物資を下記宛に送って頂きたいです。
皆が絶対に出来ることだよ。
リストは以下の通りです。

・雨ガッパ(雨風防げるもの)
・インバーター付発電機
・寝袋
・食料品全般(特に保存がきく物)
・米
・カロリーメイト(カヤックの上で食べれるもの)
・ヘッドライト
・あったかい靴下
・寒さを防げるインナー
・シャツ(海の上のため速乾性のもの)
・軍手
・カセットコンロのガス
・ホッカイロ


※お知らせ※
12月3日現在、おかげ様で物品のカンパは十分に足りている状況です。
特に食品類など保存のきかないものもありますので、物品の発送をご検討いただいている方は、
お手数ですが、事前に虹のカヤック隊(原:090-6843-9854)までご連絡をいただけますよう、
重ねてお願いいたします。

【田ノ浦アクセスマップ】
photo_2-1.jpg