« グアムからの活動家招待にカンパを!! | Main | <外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ> »

6月20-23日アジアはもとしんかからんNDU上映@沖縄各所

ちらし低解像度.jpgFILM×TALK SESSION
汎アジア映画祭(準備会)ー越境するアジア的身体

「記憶映画」の可能性 あらたな協同作業のはじめに。1972年、沖縄「本土復帰」の前後、基地の町コザを拠点に激動の「世替わりー」を凝視しつづけたドキュメンタリー集団、NDU。初期映像作品の上映をとおして。いま、オキナワを起点にした「アジア映画」のもうひとつの可能性を探ること。さらに、わたしたちの身体の底の底てふかくねむりつづける記憶の堆積を抉り出し、わたしたちの身体的欲求の方に映像に定着させること。そして、個別の歴史体験を克明に記録することによって不可視の「世界記憶」へと到る道筋を訪ねあてること。いま・ここに・いることを歩き・見据え・考えるほうへとずらしながら「旅する映画」に作風を変えてゆきたい。風狂の謡人のうたえる、ヒヤミカチ節の一節。「我んや虎でむぬ、羽根ちきて給ぼり 波路バシフィック渡てみゃびら」そう、わたしたちがほしいものは想像力の翼。四海を自在に越境し往復できるイメージの跳躍力。さあ、いまこそ、“身体”というスクリーンに“記憶”のフィルムを映し出す「記憶映画」の創出を目指して協同作業を開始しようではありませんか!




[浦添]
【日時】 6月20日(土曜日)
【会場】 groove TEL/FAX 098-879-4977 
浦添市勢理客2-18-10
http://www.cosmos.ne.jp/‾groove/
【参加費】 ¥1.500+ドリンクオーダー
【開場/開演】19:00/19:30
【問合先】groove TEL/FAX 098-879-4977 

【フィルム】
「沖縄エロス外伝 モトシンカカラヌー」(NDU/1972)
「アジアはひとつ」(NDU/1973)

【トーク・セッション】
今郁義(イベントプロデューサー/元 NDU)
原田健一(新潟大学教授/映像社会学専攻)
井上修(NDU/映画監督)×鈴木義昭(ルポライター)


[宜野湾]
【日時】 6月21日(日曜日)
【会場】 Gシェルター
宜野湾市我如古1-34-1-B1F
http://tokkug.jugem.jp/?eid=7
【開場/開演】18:00/18:30
【参加費? ¥1.500+ドリンクオーダー
【問合先】090-7585-7598(黒沢)
gshelter9630@gmail.com

【フィルム】
「沖縄エロス外伝 モトシンカカラヌー」(NDU/1972)
「アジアはひとつ」(NDU/1973)

【トーク・セッション】
阿部小涼(琉球大学準教授/国際社会学専攻)
森美千代(中国現代文学/映画批評)
井上修(NDU/映画監督)×鈴木義昭(ルポライター)


[コザ]
【日時】 6月22日(月曜日)
【会場】 銀天街 TEL098-937-9909
     沖縄市照屋1-13-1 
http://gindai.ti-da.net/
【参加費】 ¥1.500+ドリンクオーダー
【開場/開演】18:30/19:00
【問合先】コザ銀天大学 098-937-9909(平良)

【フィルム】
「沖縄エロス外伝 モトシンカカラヌー」(NDU/1972)

【トーク・セッション】
ビセカツ(音楽プロデューサー)
井上修(NDU/映画監督)×鈴木義昭(ルポライター)


[那覇]
【日時】 6月23日(火曜日)
【会場】 生活の柄(栄町)TEL098-884-6863
     那覇市安里388-1(栄町市場内)   
【開場】18:30 開演19:00
【料金】 ¥1.500+ドリンクオーダー

【フィルム】
「沖縄エロス外伝 モトシンカカラヌー」(NDU/1972)

【トーク・セッション】
井上修(NDU/映画監督)×鈴木義昭(ルポライター)