« 中身はハーフでプライスそのまま | Main | 2月1日は水に小舟をうかべよう »

日本文学を英語で講義する

太宰治『走れメロス』の琉大での講義はたとえばこんなカンジ

 メロスは激怒した。必ず、かの 邪智暴虐 ( じゃちぼうぎゃく ) のキングを除かなければならぬとデシジョンした。メロスには政治がわからぬ。メロスは、ヴィレッジの牧人である。パイプをブロゥし、シープと遊んで暮して来た。But邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。きょうグレイオブモーニングメロスはヴィレッジを出発し、フィールドをクロスオーバーし山越え、十ホームはなれた 此 ( こ ) のシラクスのマーケットにカムアロングした。メロスにはファザーも、マザーも無い。ワイフも無い。十六の、リザーブな妹と二ヒューマン暮しだ。この妹は、ヴィレッジの或る律スピリットな一牧人を、近々、 花婿 ( はなむこ ) として迎えるシングになっていた。ウェディングもスーンかなのである。メロスは、それゆえ、花嫁のドレスやら祝宴の御馳走やらをバイしに、はるばるマーケットにやって来たのだ。先ず、その品々をバイしコレクトし、それからキャピタルのメインストリートをぶらぶら歩いた。メロスには竹馬のフレンドがあった。セリヌンティウスである。今は此のシラクスのマーケットで、石工をしている。そのフレンドを、これからヴィジットしてみるつもりなのだ。