« 帰ってきた六ヶ所村ラプソディ! | Main | 沖縄の環境問題最前線@桜坂市民大学 »

4月26日連続ティーチイン沖縄@一橋大

連続ティーチ・イン沖縄第24回@一橋大学
「米軍再編・沖縄・辺野古・高江の今」
日時  2008年4月26日(土)午後2時〜
会場  一橋大学 佐野書院 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html
参加費 500円(資料代)

私たちが世界を変えたいと思うなら、まずは私たち自身から始めましょう。
まずは真実を知ることから。
沖縄で、日本で、アジアで、世界で何が起きているのか、何が起きようとしているのか。私たちはどこに立っているのか、どこに向かおうとしているのか。
考え、語り合いましょう、車座になって。

連続ティーチ・イン沖縄第24回@一橋大学
「米軍再編・沖縄・辺野古・高江の今」
日時  2008年4月26日(土)午後2時〜
会場  一橋大学 佐野書院 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html
参加費 500円(資料代)

ここ数ヶ月、私たちは、驚くべきニュース報道に直面してきました。米兵によるレイプ、イージス艦と漁船の衝突。事件の端々から、日米の軍は一般市民の尊厳も命も護らない、そして自分達の非を誤魔化して無きものとをしてしまうことが伝わってきます。それはまさに、沖縄戦で住民が犠牲になった構図そのもの。そして現在、中東で、また世界のいろいろな場所で起きていることを想起させます。軍の存在、軍事力に頼った安全保障が、どのように住民へ犠牲を強いるのか。巨額の税金を設備と情報管理に注ぎ、市民生活の安全を犠牲にしても、必要なものなのか。こうした疑問は、今、沖縄北部・高江の生活の場を奪って作ろうとされているヘリパッド、辺野古の海を埋め立てて作ろうとされている米軍飛行場をどう考えるかということでもあります。どんな事件が起ころうとも「粛々と」政策が進むように見える中で、私たちは何ができるのか。
今回、ティーチインのゲストには、第一回に来てくださった真喜志好一さんに、再度お越しいただき、沖縄・辺野古・高江で起きていることについて、お話いただく予定です。第一回のティーチインでは、沖縄の軍事化に対する抵抗と日本の民主主義の問題を鋭く指摘された真喜志さん。その後の2年半を振り返りつつ、今後に向けて、どのようなお話となるか、楽しみです。そして、参加者全員にとって、新たな交流の場となることを願っています。どうぞ、お誘いあわせの上、ご参加ください。

第一部 14:00〜15:30 真喜志さんのお話
第二部 15:45〜17:30 質疑応答+車座集会
終了後、交流会

ゲストスピーカー:真喜志好一さん
建築家として佐喜眞美術館、沖縄大学などを設計。反戦・平和運動、沖縄の自然保護運動にも長く取り組む。共著書『沖縄はもうだまされない』『沖縄は基地を拒絶する』(共に高文研刊)
(主催)連続ティーチイン沖縄実行委員会
問い合わせ 連続ティーチ・イン沖縄実行委員会 090-9340-2598