« 12月11日緊急県民集会のお知らせ | Main | 12月8日Peace Connection: 再会チャーガンジュー交流会 »

「そしてまた押し掛けましょう!」

第10回沖縄県環境影響評価審査会
日時:12月10日(月)18時00分~20時00分
場所:ぎのわんセミナーハウス
(宜野湾市志真志4-24-7、tel.098-898-4361)

先回の審査会は新聞でも大きく報道されました。
以下に傍聴に参加した人のコメントを転載します。

----
From: ****
Date: 2007年12月4日 23:58:35:JST
To: projectdisagree
Subject: アセス審査会

こんばんは。ご無沙汰しています。
ただいま求職中のO.H.です。

アセス審査会、傍聴してきました。参加人数は審査委員8名、防衛局が4名、事業者約15名、県職員8名、マスコミ約10名、傍聴者約30名といったところでしょうか。部屋いっぱいの人で、立ち見・座り込み(?)が出るほどでした。

遅れて入ったので途中からしか説明を聞いていないのですが、そしてそれは委員が事前に出した質問に答える形で進められたのですが、ひたすら手元の文書を読み上げるだけのものでした。説明をする防衛局、事業者ともスーツに身を固めた機械のようで少々恐かったのですが、時々どもっていたので、少しはプレッシャーを感じたのかなと思います。

「回答」と言っても抽象的だったり先延ばしにしてる項目も多く、委員から「これでは方法書の体になっていない。審査できずに困惑している」という声が多数あがりました。

傍聴席からも防衛局を問いただす声があがったり、委員の意見に拍手で賛同を示したりと、かなり賑やかでしたが、一番受けがよかったのは、ある委員が言った「私たちはこのままでは”無能集団”になってしまう。分かっている資料を全て出して、私たちを無能集団にしない環境を整えてほしい」というものです。これには吹き出してしまう人もいました。委員が”無能集団”になることを拒否するプライドを持った方たちでよかった!

結局、より具体的な内容を求める委員と、「分かっていることは全て書いた」という防衛局とで議論ができるはずもなく、後日仕切り直しということになりました。日程は決まっていませんが防衛局側がとても焦っていたので、近いうちかもしれません。皆様、注視していて下さい。そしてまた押し掛けましょう!