« 来年度非常勤講師急募(アメリカ外交史・国際メディアとアジア太平洋情勢) | Main | 12月8日名古屋アメリカ学会例会 »

12月8日「冷戦期アジア太平洋における文化外交」@東京大

国際シンポジウム「冷戦期アジア太平洋における文化外交」が12月8日に開催されます。入場無料、同時通訳付、事前申込は不要です。どうぞご参加ください。

「冷戦期アジア太平洋における文化外交」
(Cold War Cultural Diplomacy in the Asia-Pacific Region)

日時 2007年12月8日(土)
会場 東京大学 武田先端知ビル 武田ホール (東京メトロ千代田線 根津駅
1番出口より徒歩5分 http://www.vdec.u-tokyo.ac.jp/Guide/access.html)


◆プログラム Program

10:00〜10:15 開会挨拶 Opening Remark 吉見 俊哉 Shunya Yoshimi

10:15〜12:15  Session�
CIE映画と戦後文化外交/CIE Films and Postwar Cultural Diplomacy
主催:科研「20世紀後半の東アジアの都市大衆文化における『アメリカ』の受容
と反発」
司会:吉見 俊哉 Shunya Yoshimi(東京大学)
報告1:Mary Lui (Yale University), “Selling the Model Minority Abroad”
報告2:とちぎ あきら Akira Tochigi (東京国立近代美術館フィルムセン
ター)「フィルム・アーカイブから見たCIE映画」

休憩 Lunch Break

13:30〜14:30 CIE映画上映 CIE Film Show

14:30〜16:30 Session�
アメリカの文化情報政策とアジアからの反応に関する海外の研究動向/Overseas
Scholarship on the U.S. Cultural & Information Policy and Reactions from
Asia
主催:科研「冷戦初期アメリカ合衆国の環太平洋地域における情報・産業政策に
関する学際的研究」
司会:土屋 由香 Yuka Tsuchiya (愛媛大学)
報告1:Chia Youyee Vang (University of Wisconsin-Milwaukee), “U.S. Cold
War Policies in Laos and the Hmong, 1961-1975”
報告2:Kang Myungkoo (姜 明求) & Baek Misook (白 美淑) (Seoul National
University), “American Cultural Cold War and the First Korean Television
HLKZ”
コメント:藤田 文子 Fumiko Fujita (津田塾大学)・貴志 俊彦 Toshihiko
Kishi (神奈川大学)

休憩 Break

16:45〜18:00 Session�
アメリカ文化外交と大衆文化・開発援助/U.S. Cultural Diplomacy through
Popular Culture and Overseas Aid
主催:科研「アメリカの世界戦略と文化外交に関する学際的研究」
司会:能登路 雅子 Masako Notoji (東京大学)
報告1:Penny Von Eschen (University of Michigan), “Jazz Ambassadors Play
the Cold War”
報告2:梅 透 Toru Umezaki (フェリス女学院大学) 「平和部隊構想と救世主
的帝国主義」
報告3:矢口 祐人 Yujin Yaguchi (東京大学) 「サイパン島のアメリカン・メモ
リアルパーク」
コメント:谷川 建司 Takeshi Tanikawa (早稲田大学)

18:00〜18:15 総括 Summation 吉見 俊哉 Shunya Yoshimi (東京大学)


主催:
・日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究A「アメリカの世界戦略と文化外
交に関する国際的研究」(研究代表者:能登路雅子)
・日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究B「20世紀後半の東アジアの都市
大衆文化における『アメリカ』の受容と反発」(研究代表者:吉見俊哉)
・日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究B「冷戦初期アメリカ合衆国の環
太平洋地域における情報・産業政策に関する学際的研究」(研究代表者:土屋由香)