« 高江N4ゲート前看板お絵かき会のお知らせ | Main | 高江の現状 »

ひとつ、取り返した

 米軍普天間飛行場の移設をめぐり、名護市キャンプ・シュワブ沖に生息するジュゴンの保護を求め、日米両国の自然保護団体などが米国防総省を相手に起こしている「沖縄ジュゴン訴訟」で、米サンフランシスコの連邦地方裁判所は二十四日、同省の米文化財保護法(NHPA)違反を認定する判決を出した。基地建設によるジュゴンへの影響を回避する「考慮」を命じた上で、環境影響評価(アセスメント)文書を同地裁に九十日以内に提出するよう求めた。
米国防総省が敗訴/沖縄ジュゴン訴訟『沖縄タイムス』2008年1月25日夕刊。

"U.S. military must consider Japan base's impact on "sea cow" marine mammal,"The Associated Press, Herald Tribune, January 25, 2008.

"Federal Judge Rules Against U.S. Defense Department Plans for Airbase in Habitat of Okinawa Dugong,"Earthjustice Press release, January 24, 2008.

Okinawa Dugong v. Gates連邦地方裁判所の判決文全文が読めます。

〔1月28日追記〕
David Allen and Chiyomi Sumida, "Okinawa Activists Applaud Ruling on Futenma Lawsuit," Stars and Stripes, January 27, 2008.