« 安波をみんなで支えよう! | Main | 6月辺野古・高江カー(遅くなったけど) »

安波と高江の関係、地元ってなんだ?

timesahaphoto.jpgaha-takaesmall.jpg

沖縄タイムスが報道した、普天間トンデモ安波移設計画の航空写真。「安波」と報道されていて、確かに国頭村安波地区のことがらで、安波区で今日24日に話し合いが持たれるのだけれど。そしてまずは「地元」の意見が尊重されるべきと多くの人は感じて固唾をのんで見守っているような雰囲気があるけれど。

ちょと待って。この航空写真、大事なところが見えないように切り取られていないか。

村境を挟んですぐ隣の東村高江ヘリパッド問題のGoogle Map航空写真と見比べてみた。
(高江のblogの右メニューにリンクが貼ってある)
あ、れ、れ。これって殆ど高江!?

報道によれば、対象とされている土地は、過去に北部訓練場から返還されて農地改良された土地。
いま、半分返還の話が出ているのに、用途も明かされない新しいオスプレイパッドの計画を押しつけられ、なおかつ、すでに返還されたはずの土地に、普天間飛行場の代替!?2500-3000メートルの滑走路!?

これは安波区民だけの判断が優先されるような問題ではないだろう。どうしてまた、小さな集落に重圧を押しつけるような構造を黙認するのか。

沖縄県中から、反対!反対!

times2011may22small.jpg
安波区 2500メートル滑走路想定普天間代替:揺れる安波区、対立懸念も
『沖縄タイムス』2011年5月23日。