« 沖大「障がい原論」開放! | Main | 11月8日占領者のまなざし@ICU »

11月5日名護と11月10日那覇でIUCNジュゴン勧告報告会

3度目のジュゴン保護勧告が採択されたIUCNの報告会が、名護と那覇で以下のとおり行われます。
 2010年、日本がホスト国となる国連国際生物多様性年にジュゴン保護を推進することがこの勧告で求められました。
 といっても、新聞の報道だけでは「この勧告ってどのくらいすごいの?」、「何で3度も出されてるの?」、「日本や米国政府はこれで困ることになるの?」ということはわかりませんよね。そんなことがこの報告会で話されるはず。また、この勧告を生かすために私達が2010年のために何ができるかを考える最初の場所にもなるはずです。ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。



<名護>
スペインのバルセロナで開かれた国際自然保護連合(IUCN)総会の場で、日米両政府に対してジュゴン保護への対策を行うよう求める勧告が出されたことを受け、その内容と今後について報告および勉強会を行います。是非ご参加ください。
日時:11月5日(水)18:30
場所:大西公民館(名護市大西3丁目8−12・0980-52-4630)
報告者は、東恩納琢磨さん、吉川秀樹さん、安部真理子さんを予定しています。


<那覇>
 ■IUCN第4回世界自然保護会議参加報告会■
〜日米両政府へのジュゴン保護勧告が出ました!〜
 10月5日から14日にバルセロナ(スペイン)で開催されたIUCN(国際自然保護連合)第4回世界自然保護会議で沖縄ジュゴンの保護を求める3度目の勧告案が賛成多数で採択されました。
 勧告案を提案したのは、ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)、日本自然保護協会(NACS-J)、WWFジャパンのほか全部で6団体です。
 報告会では、勧告の内容と意義、開催された、さまざまなイベントやブースの様子などを報告します。
日時: 11月10日(月)18時開場 18:15〜20:15
場所: 沖縄船員会館第1会議室(前島・とまりん前 徒歩5分)
報告者:海勢頭豊(ジュゴン保護キャンペーンセンター)「三度目の勧告」(20分)
    花輪伸一(WWFジャパン)「IUCN勧告の意義」(30分)
    吉川秀樹(SDCC)「ボン条約のジュゴン保護覚え書き」(30分)
参加費無料・予約不要
お問い合わせ:ジュゴン保護キャンペーンセンター
        にながわ(090-8524-6372)
        http://www.sdcc.jp/ infor@sdcc.jp